2014年診療報酬改定 [主治医]制度を導入

GUM06_PH03001

今日の新聞によると、2014年の診療報酬改定で4月からの初・再診料の引き上げと「主治医」制度を新設するそうだ。

一般の病院・診療所の初診料は120円引き上げの2820円、再診料は30円引き上げの720円とする。

他にも歯科の初・再診料、調剤薬局の調剤基本料も同様に引き上げ、入院基本料は2%程度引き上げるそうで患者負担も増える。

また重症者向け病床は、2年間で36万床から9万床減らし、「重症」の基準も厳しくするようだ。

大病院の外来受診は縮小を促し、在宅でも「主治医」制度を設け月に1万5030円を配分、また24時間対応の訪問看護の拠点には、1万2400円多めに配分する。

入院期間の短縮と自宅療養の促進を課題とし、患者の「在宅復帰率」の高い病院ほど入院料を高く、低い病院は入院料を低くする仕組みを検討との事。

様々な立場でいろいろな意見があるとは思いますが、本当に在宅でお一人で生活していけるのか?

また家族は、在宅で看病し続ける事ができるのか?など問題点を捉えて、みなさんでよく話し合う事が必要だと思いました。

About きなこ

一期一会を大切に、利用者様の気持ちに寄り添ったケアを心掛けたいと思っております。 趣味は、子供とテニス(壁打ち)、カラオケ、読書です。
新しく皆様に会える事を楽しみにしております。

内容

*