定例会 ~研修・食中毒~

a1180_004170

7月の定例会では、食中毒の研修をしました。

夏場6~9月は、細菌が原因となる食中毒が多く発生しています。
特に室温約20度で活発に増殖し始め、人の体温約36度で増殖スピード
が最も早くなります。湿度も好むため、梅雨ごろから増え始めます。

特に夏場は、細菌性食中毒(カンピロバクター、腸炎ビブリオ、サルモネラ、ウェルシュ菌、ボツリヌス菌等)になりやすく、しっかりと予防しましょう。

予防と対策
食品をより安全にする5つの鍵(国立医薬品食品衛生研究所)

第一の鍵:清潔に保つ
第二の鍵:生の食品と加熱済みの食品とを分ける
第三の鍵:よく加熱する
第四の鍵:安全な温度に保つ
第五の鍵:安全な水と原材料を使う

About きなこ

一期一会を大切に、利用者様の気持ちに寄り添ったケアを心掛けたいと思っております。 趣味は、子供とテニス(壁打ち)、カラオケ、読書です。
新しく皆様に会える事を楽しみにしております。

内容

*