豚汁作りご苦労様でした

雨模様の中朝早くから調理開始、予定の時間より早めの販売で12時過ぎには販売してしまい楽しみにしていた方がたくさんいらしたみたいで「ごめんなさい!」
来年はもう少し増やしましょう。

来年も長ネギ30本位きざみますから責任者さん宜しくおねがいしま~す。
それと最後のお弁当とけんちんそばおいしかったねぇ~!

遅い夏休みと腰痛

今月中旬夏休みを利用し箱根へ行ってきました。下界より多少涼しくホッとした瞬間でした。今年の夏は暑く関節の油が切れたようにふしぶしがギシギシ言ってます。「それにつけての腰の痛さよ」です。温泉に入って気持ちも体もリフレッシュし風邪・花粉に負けずがんばります。10月のNPOフェスタのトン汁、11月2週目火曜のらいふえいど喫茶ご来店お手伝いお待ちしています。オードリーさん元気ですか?ご無沙汰してます。

暑中お見舞い申し上げます。

8月に入り毎日暑い日が続いていますが、そろそろ帰郷される方もいらっしゃるでしょう。
私は恒例の夏ケアに勤しみ水分補給をしながら自転車走らせています。
私同様夏ケアをされている方頑張ってください。
いつでも暑気払い付き合います!声をかけて飲もよ~!

火鉢に水を張り、めだかを入れてみました。
涼しそうに見えますが、やっぱり暑い!!!

楽しいランチ

mini_120705_1254.jpg

吾木香さんの作って下さった、美味しいランチをワイワイ、ガヤガヤいただきました。

いつもありがとうございます。
またおねがいしますね。

やっちまった!

mini_120628_091600010001.jpg

あ゛〜!最悪の精神状態です。優しくしてください、自業自得ですが。涙涙です。

お稽古

mini_120621_14250001.jpg

久々のお稽古。美味しいお菓子とお茶をいただき、仲間と楽しい語らいの空間。

居場所・・・!

先日、I 君が事務所へきました。作業所の帰り、「今日はパン太さんに自分が通っている作業所で作ったクッキーをプレゼント」と言って届けてくれました。ときどき顔を見せ1時間ほどワイワイ言って帰ります。コミュニケーションは手話と筆談ホッとした楽しいひと時です。

新たな年が始まりました

2012AHNY

今年は例年にない大雪と寒さの中で新たな年が始まりました、
昨年は東日本大震災とそれに伴った福島原発事故、私たちの生活も変わり、日々危機感を持って生活することが多くなりました、仮設住宅、慣れない土地での避難生活をされて、それに負けず立ち直ろうとしている多くの方たちを思いながらメンバーは日々仕事に励んでおります。
「地域の中で互いに助けあって安心して暮らすことのできる地域づくり」を理念として活動している「らいふえいど」ひとりひとりの力は小さくてっも皆がひとつになり、大きな力となり15年目を迎え、昨年より行なっている中長期プロジェクトの中でも、新たな事業展開や今後の「らいふえいど」の方向性を答申に盛り込み、事業展開や活動につながるように努力していきたいと考えています。
4月には介護保険法の改正もあり、さらに訪問介護事業として多くの課題があります。メンバー全員で話し合い、前進できるように頑張ります。2012年もよろしくお願いいたします。
代表 黒澤 百枝

2010年度活動方針

2010年度の活動を前向きに評価して、
次年度も利用者のニーズに沿ったケアを提供するために
日々研鑽につとめ活動するメンバーを増やして
事業の安定につとめる方針を検討していきます。

寒く長かった今冬でした。3月、年度末を迎え、毎日のケアにつきながら各種更新事務や活動報告を取りまとめ、2011年度の方針についても理事会で検討し、定例会に提案する作業にとりかかりはじめていました。そして、3月11日東日本大震災。当日らいふえいどでは代表の四季のもと、サ責、コーディネーターでまず、利用者さんの安否確認にあたりました。幸いに全員無事でほっとしました。
計画停電等日常生活やケアにも師匠が生じるかな、全メンバーで協力しあって当座は切り抜けました。今までに体験したことのない大震災に、ワーカーズとしてできる支援のあり方について各情報を含め討議し、話し合っています。
今年度は公的サービス拡大を目標に上げ、サービス提供責任者も2人体制で取り組み、各方面に働きかけもしてきました。しかし、ケア依頼に対応できるケア者がいない等でケア実績は92%の決算になりました。このような中、趣旨に賛同するメンバーが3名増えました、ミニディサービス(火曜サロン)や各地域活動にもらいふえいどとして参加実現できました。
本当に地道な仕事ではありますが、これらを継続しつつ、信頼される事業所として、少しゆとりのある笑顔のキャッチボールができる和が広がることを願います。

あけましておめでとうございます

2011AHNY

街路樹の葉も落ち、霜柱のぬかるみや北風の中、師走の慌ただしさもいつの間にか過ぎ、らいふえいども14年目を迎えようとしています。

設立時に皆で掲げた想いは、老いても障がいを持っても、病気をしても、小さな子供を抱えても、自分らしく地域で自立した生活を実現していきたいということでした。

2000年には介護保険に参入しNPO法人格を所得し、介護保険・障がい福祉サービスを提供してきました。私達が住みなれた地域で暮らしていく為に介護保険事業を行ってきましたが、国の方針が利用者本位から少しづつかけ離れてきたように思います。制度が変わる度に「これでいいのか!いまのままでいいのか!」ジレンマを抱えながら日々の忙しさにまぎれ、つい流されていたように思います。

今回の法改正は今まで以上に大きなサービス内容の変更が予想されます。2011年はこれからのらいふえいどの事業展開を考え、移行していく1年になっていく年と重く受け止めています。

昨年は地域の中で多様な活動を行ってきました。慣れない研修講師や講話講師もさせていただき自分自身も改めて地域活動の大切さと責任を実感させられました。

自分たちがこれからの人生をどの様に自立し、豊かに暮らす為に環境整備をどうしていくか、メンバーとの話し合い進めていきたいと考えています。

年頭にあたり今後とも皆様のご意見、お力添えを賜りますようよろしくお願いいたします。