夏の旬野菜レシピ~PARTⅡ~

GUM01_PH07073

レシピ3 枝豆ひじきのサラダ~生姜ドレッシング

材料(2人分)

乾燥ひじき ・・・大さじ1

枝豆(冷凍でも)

サヤ入りの状態で90~100g

(サヤからだして40gから50g)

人参 ・・・3㎝くらい

鶏ささみ(鶏胸肉でも) ・・・1本

生姜ドレッシング

生姜のしぼり汁 ・・・大さじ2/3

しょう油 ・・・小さじ2

はちみつ ・・・小さじ1

ごま油 ・・・小さじ1弱

サラダ油 ・・・小さじ1

塩、コショウ ・・・少々

作り方

1.ひじきは表記時間、水につけ戻す

2.鍋に、ささみ、かぶるくらいの水を入れ火にかける。弱火強で表面が白くなってきたら裏返し冷めるまでそのまま放置。(余熱で火を通した方が硬くならない)

3. 生姜ドレッシングを作る。

生姜はすりおろし絞る。ドレッシングの材料を順番に入れよく混ぜておく。

4.人参は細切りにし、生の枝豆はサヤごときれいに洗っておく。冷凍の枝豆は解凍しておく。

5.別の鍋に水、人参を入れ火にかける。沸騰して人参に火が通ったら取り出し、冷水にさらし水気を拭いておく。同じ鍋に枝豆をサヤごと入れ3分30秒茹でる。

6.5をざるに取り冷水にさらす。枝豆をサヤから取り出し水気を拭いてボウルに入れ、人参、ひじきも水気を拭いてボウルに入れる。

7.2のささみを鍋から取り出し水気を拭いて手で細かく裂きボウルに入れる。

8.ボウルによく混ぜた3のドレッシングを入れ混ぜ合わせる。冷蔵庫に入れ冷やし、時間をおけば完成。

ポイント

水分をちゃんと拭き取らないと味が薄くなるのできれいに拭き取る。

レシピ 4きっとハマる♡やみつき胡瓜

胡瓜 ・・・1本

ごま油 ・・・小さじ2

A ガラスープの素・・・小さじ1/3

塩 ・・・ひとつまみ弱

すりごま(白))・・・少々~お好み

作り方

1.胡瓜を乱切りにしAの全ての

調味料と一緒にジッパー付き

保存袋等に入れる。 ポイント

2.軽く揉み込んで、冷蔵庫へ。キンキン ・漬け込む時、キュウリ同士が

に冷やして食べる。 重ならないように平らに広げる。

~プチアレンジ~

ごま油を小さじ1.5程の量にしラー油を ・キュウリの太さ・長さにより、

数滴入れて一緒に揉み込みピリ辛な大人 調味料の量を多少変え、好みの

の味に・・・ 味に調整する。

にんじんの会レシピ(夏の旬の野菜)

レシピ1 絹厚揚げと茄子のさっと煮炒め clip_image002

clip_image005材料(2人分)

絹厚揚げ ・・・2枚

茄子 ・・・1本

ししとう ・・・6本

だし汁 ・・・200cc しょうが ・・・しぼり汁

A 酒 ・・・大さじ2 砂糖 ・・・小さじ1

みりん ・・・大さじ1 しょう油 ・・・大さじ1

白ごま ・・・適量

片栗粉 ・・・小さじ2

水(片栗粉溶く用)・・・小さじ2

◎冷めてもしっかりだし汁がきいて

おいしい一品です。

clip_image001レシピ2 茄子のピザ風

材料(2人分)

茄子 ・・・中1本

オリーブオイル ・・・適量

トマトケチャップ ・・・適量

乾燥バジル ・・・適量

ピザ用チーズ ・・・適量

clip_image003 あと一品!という時にすぐ出来る !(^^)!

訪問介護(ヘルパー)という仕事

GUM05_PH03018

訪問介護という仕事は、介護が必要な方の自立した生活を目指して、利用者のお宅に訪問し日常生活のお手伝いをします。

料理や洗濯、掃除などの家事をサポートする生活援助や 入浴、排泄、食事などの介護、車イスでの移動介助などを行うため、家事能力や介護技術が必要です。

ただ最近思うことはそれだけではなく、訪問先に行ったときに、どれだけいつもと違う事に気づけるかといった 「察知する力」がある人はこの仕事に向いてると思います。情報収集能力ともいいましょうか。

毎週、毎月、毎年訪問をし続けると、必ず前とは違う事が出てきます。以前はこうだったのにとか、前は出来てたのに、あるいは以前は出来なかったのに今は出来るようになったなども 同じに見えても利用者の方達は変わっていきます。

そのふとした「気づき」を日常に埋もれさせてしまうのではなく、その変わり目を見逃さずにきちんと報告していく事が大事だと思います。
そしてそれを次のケアにつなげていく、場合によってはケアマネや様々な職種の方達にも伝え、本人の意向も踏まえた上で計画を変更するなど、その方にあったより良いケアにつながるよう、気づきの力を研ぎ澄ませていくことが必要だと感じます。

にんじんの会・好評~旬の野菜の料理教室~

140622_1508~02

第5回のにんじんの会を6月22日日曜日、参加者も14名と過去最大の人数で行いました。

“絹厚揚げとなすの煮炒め”
”なすのピザ風チーズ焼き”
”枝豆とひじきのサラダ”
”きゅうり漬け”

それにフランスパンのピザ風バジル焼き、野菜スープ、カマンベールチーズ、ゆず羊羹、プチケーキとメンバーの差し入れも加わり、ご覧のような豪華な食事会となりました。

夏の野菜は、身体を冷やし、ビタミン、ミネラルも豊富で、お肌にも身体にも良いことがよくわかりました。

また地元野菜を使ったので新鮮で甘く、特に生のバジルの豊かな香りに食欲が刺激されました。

第5回にんじんの会~献立きまりました~

GUM03_PH05130 6月22日(日)の料理教室の献立が決まりましたので、お知らせ致します。 テーマは「旬の野菜」。メニュー 4品 ・絹厚揚げとなすの煮炒め ・なすのピザ風チーズ焼き ・枝豆とひじきのサラダ ・きゅうり漬け 14:00~16:30 中央公民館 調理室にお料理を作りますので、お時間がある方、ご近所の方、料理を習いたい方など、どうぞお気軽にお越しください。 参加ご希望の方は、らいふえいど事務所までご連絡ください。参加費200円となります。 お待ちしております。 TEL:042-348-0376

第5回 料理講習会~にんじんの会~日程決定!

GUM01_PH07044

らいふえいどの料理講習会「にんじんの会」の日程とテーマが決まりましたので、お知らせします。

旬の食材を使って、家庭や訪問介護先で作れる簡単な料理をご紹介します。

日時:6月22日(日)14:00~
場所:中央公民館 調理実習室

参加ご希望の方は、らいふえいど事務所までご連絡ください。参加費200円となります。
お近くの方は、是非お気軽にいらして下さい。お待ちしております。 
TEL:042-348-0376

また献立が決まりましたら、お知らせ致します。

ペースメーカー ~ご存じですか~

GUM06_PH03005

ペースメーカーとは、心臓に電気刺激を与え鼓動を促す医療機器の事です(wikipediaより)。

知人が、脈が遅くなったり、心臓も数秒止まったりと、洞不全症候群、徐脈、心房細動などの症状があり、植え込み手術を行いました。

手術時間は2時間ほどで、局所麻酔の為手術中でも先生と話せて、高齢でも出来る手術だそうです。鎖骨下に入れる為、多少ふくらみがでます。以前に比べるとペースメーカー自体も薄くなり、電池も10年以上は持つそうで、医学の進歩は目覚ましいですね。

退院後の注意点では、植え込み側の手を挙げない、暫くは湯船に入れずシャワーのみなどがあります。その後は、外出時はかならずペースメーカー手帳を持ち歩く、電気機器等を使う際は、ペースメーカから一定の距離を離すことなどがあります。(障害者手帳も交付されます)

知人の術後ですが、顔色がよくなり、足のむくみも取れ、おまけに病院の食事で減量が出来たので、体調は以前より良くなったとの事です。個人差はあると思いますが、参考にして頂ければと思います。