死ぬときに後悔すること(大津秀一)

9784884748524以前、訪問介護をしていると様々な別れを経験すると書いたのですが、今日ご紹介する本は、まさにこの仕事にも関係してくる本です。

著書である大津さんは、緩和医療医(=終末期医療の実践医)であり、1,000人を超える末期患者と接してこられ、その患者の方々の真の想いが垣間見られます。

健康を大切にしてこなかったことの「健康・医療編」から自分のやりたいことをやらなかった、会いたい人に会っておかなかった等の、「心理・人間編」と「社会・生活・宗教・哲学編」等、全6章から成ります。

25項目すべて当てはまることは無いとは思いますが、いくつかは当てはまる項目があるのではないでしょうか。

日々雑務に追われるような毎日ですが、その時ではなく、今から悔いのない生活を送れるよう、一旦立ち止まって考える時間を持とうと改めて思った本でした。

About きなこ

一期一会を大切に、利用者様の気持ちに寄り添ったケアを心掛けたいと思っております。 趣味は、子供とテニス(壁打ち)、カラオケ、読書です。
新しく皆様に会える事を楽しみにしております。

内容

*